γGTPの値が高めと診断され、それまでの生活を改めることにしました。

昨年の話ですが、健康診断でγGTPの値が高めと診断されてしまいました。

これはアルコール摂取などで肝臓に負荷がかかっている時に出るものだそうで、休肝日を設けて肝臓に負荷をかけないようにしてあげる必要性があります。

私は以前から酒が大好きで、ビールを始めとして日本酒、ワイン、焼酎、そしてウィスキーやウォッカも嗜むほどなんです。

毎晩何かしらの酒を飲んでいるので、休肝日を設けなくてはいけないとなって非常にショックでした。

ただこのまま放置しておくと、アルコール性肝炎や肝硬変になる可能性まで示唆されてしまいました。

さすがに酒好きとは言っても、命の方が惜しいですからね。

ここは仕方がなく、主治医の指導に従うことにしましたよ。

そこで始めたのが、ジムに通ってのトレーニングです。

何もせずに家に居たら、つい酒に手を伸ばしてしまうかもしれませんからね。

ここは邪念を断ち切るためにも、家にはおらずにジムでトレーニングをすると決めたのです。

まぁ、若干太り気味にもなっていましたし、ダイエットを兼ねたものだと思えばやる気も枯れることは無かったですけどね。

こうして一年間トレーニングを重ね、毎日飲酒をしていた生活も週に三日ほどに切り替えて、休肝日を多く設けるようにしたのです。

その結果、体重は減りましたしγGTPの数値も正常値に近付きました。

また若干脂肪肝気味だったのですが、これもγGTPの値を見ると解消されつつあるでしょうとの主治医の有難いお言葉が!

悲しいですが、年齢を考慮すると肝臓と上手くお付き合いしながら生活をして行かなくてはいけないのかなと思う40代の私でありました。

アルコールによる肝臓への影響

アルコールと言えば、ビールやワインなど多くありますけど、人によっては、とても大好きになってしまう味であり、多くの人が今ではお酒を飲む習慣があります。

そこで、酒を飲むのは全然大丈夫ですけど、注意しなければいけないのが、摂取量になってきます。アルコールを摂取しすぎてしまう生活を長く続けていると、どうしても、肝硬変、肝炎、肝臓がんなどの肝臓に関する病気を発症させてしまうリスクが高くなってきます。

これは、男性、女性にも言える事ですし、これからの病気になってしまいますと、生活に影響がでてきたり、病院に行って、治療しなければいけないですのでその治療費なども負担になってきますから発症しないように十分に注意しなければいけないです。

特に人づきあいが多い人というのは、酒を飲む機会が多くなってきますし、それが習慣になってしまいますと肝臓への負担も大きくなってきます。

また、日ごろからアルコールを摂取していきますと、アルコール依存症という病気になって依存状態になってきますので、そうなると健康のためにアルコールを控えようとしてもなかなか自分の意思だけでは控えるような状態にできないですので、これも病院での治療が必要になってきます。

お酒というのは、適度であれば血行を良くしたり、気分が良くなったりというプラス効果がありますけど、やはり過剰摂取というのは逆にマイナスになってきます。

特に中年以降になってきますと、免疫力の低下によって病気になりやすいですので、適度な量を守っていきます。

最近はこちらのサイト↓を参考にして、オルニチンのサプリメントを購入して定期的に飲むようにしました。

肝臓にいいサプリメントのおすすめ人気ランキング

アーカイブ

カテゴリー