お酒の量のわりには肝臓以外健康そのものの主人

2016.01.25

お酒の量のわりには肝臓以外健康そのものの主人 はコメントを受け付けていません。

私の主人は若い頃からよほど体調を崩した時以外は毎日のようにお酒を飲んでいます。

そんな主人はもともと出身は沖縄なのでアルコール自体には強く、晩酌程度では翌日二日酔いになることもありません。

ですが私としては健康のこと、そして家計のことを考えて、少しはお酒を控えてほしいと思っていますし、主人にはずっとそう言い続けてきました。

ただ仕事から帰ってきて、夜の晩酌をするのが何よりも楽しみなようで、なかなか私の言葉は聞き入れてくれません。

それならせめて週に一日でもいいから休肝日を作ってほしいと頼んだこともあり、こちらに関しては以前しばらくの間休日はお酒を飲まないようにとしてくれていたのですが、それも続きませんでした。

休肝日を作って一ヶ月も経たないうちにいつの間にかまた飲むようになっていて、もう今では半ば諦めている私です。

そんなお酒好きの主人ですが、会社で一年に一度健康診断があります。

その結果はやはり肝臓のγGTPの値が基準値より少し高めなので、なんとか飲むアルコール量を減らすなどしてくれればなと思います。

ですが肝臓以外は特に気になる診断結果もなく健康そのものなので、主人本人はこれくらいならまだ心配するほどのことでもないと思っているようです。

もういっそのこと健康診断の結果でγGTPの値がもっと高くなったり、他にも健康被害があったほうが思い切ってアルコールを止めることができるのかもしれないと思うと、肝臓以外は健康そのものの主人がちょっぴり恨めしく、本当にどうにかしてお酒を止めさせたいものだと思います。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー