楽しくお酒を飲むことに必要なこと

2016.01.25

楽しくお酒を飲むことに必要なこと はコメントを受け付けていません。

お酒は適度に飲む分には体にいいとされていますが、飲み過ぎてしまっては肝臓にダメージを与えてしまうかもしれません。

ダメージを受けた肝臓は、アルコール性肝炎やアルコール性肝硬変などの病気になってしまう可能性があります。

その他にも、寄るお酒を飲む習慣がクセになって休肝日も設けずに飲み続けた場合、アルコール依存症や高血圧、肥満の原因にもなってしまいます。

お酒の飲み過ぎで体を壊さないためにも、アルコールを摂取する時には水分を一緒に取るようにし空腹でお酒を飲まないようにおつまみを食べるようにしてください。

おつまみは、脂っこいものを避け豆腐の厚揚げ、冷奴などの低カロリーのものを食べるようにすると肥満対策にもなります。

また日本人はアルコール分解する機能が少ないとされていて、分解するのにかかる時間や負担は個人差があり自分の適切なアルコール摂取量はジョッキ何杯分かというのをしっかり把握することも大切になってきます。

二日酔いにならない人は、アルコールの分解機能が優れているということです。

いくら飲んでも次の日けろっとしている人を見るとかなり羨ましいですよね。

しかし、二日酔いにならないからと言って肝臓に負担がかからないわけではありません。

定期的な健康診断や血液検査を受けることをお勧めします。

日常生活からストレスをため込まないようにしたり食生活をお肉ばかりではなく野菜中心にするなどの工夫をするといいでしょう。

食生活の見直しが自分ではできない方は、食事カウンセラーなどに相談することで解決できますので健康な食生活を始めてみてください。

お酒を楽しく飲むために、健康な体作りをしてみてはいかかでしょうか。

関連記事

コメントは利用できません。

アーカイブ

カテゴリー